リアップx5 ロゲイン 違い

リアップx5とロゲインは全く同じなの?

リアップx5とロゲイン

 

私達日本人にとって、最もなじみのあるミノキシジル配合の育毛剤と言えば、大正製薬が販売している『リアップx5』や『リアップジェット』です。

 

 

しかし、世界的に見ればそれらの商品の知名度は、ミノキシジル配合の育毛剤の中ではあまり高くありません。では、一体どの育毛剤が国際的な知名度が高いのでしょう?

 

 

その育毛剤がアップジョン社(現在のファイザー製薬)が開発したロゲインとなります。元々ミノキシジルを開発した会社がアップジョンということもあり、先行販売品の育毛剤として、世界中で人気となり、今では多くの愛用者がいます。

 

 

また、ミノキシジル濃度がリアップx5と同じ5%にも関わらず、値段がリアップx5の約3割程度ということもあり、日本国内でも個人輸入を活用して、購入している方が多いです。

 

 

例えば、個人輸入代理店のオオサカ堂を活用すれば、2本で5000円くらいで購入できますからね。リアップx5と同じ効果なら、選ぶ方が多いのも納得です。

 

 

では、それら2つの育毛剤については、有効成分である『ミノキシジル』の濃度が全く同じということなので、違いは無いのでしょうか?

 

リアップx5とロゲインの違いは基剤

たしかに、リアップx5とロゲインは有効成分であるミノキシジルの濃度は同じです。しかし、それら2つには、実は明確な違いがあるります。

 

 

その違いというのが、2つの育毛剤に使用されている基剤です。それぞれには、以下に掲載する基剤が使われています。

 

ロゲイン・・・プロピレングリコール

 

リアップx5・・・ブチレングリコール

 

これらの内で、プロピレングリコールは肌の刺激が強いと言われている物質となります。ですので、あまりに頭皮につけることはお勧めできません。一方、ブチレングリコールは肌に優しい成分ですので、比較するとリアップx5の方が頭皮への刺激が穏やかと言えるでしょう。

 

 

では、リアップx5なら安心して使えるのかというと、決してそのようなことはありません。いくら基剤が頭皮への刺激が弱い成分が使われていると言っても、ミノキシジルの配合されている分量は変わらないですからね。

 

 

ですから、次のページで紹介したような、『ミノキシジルの副作用が起こるのが心配です』という方には、どちらの育毛剤も使用することはお勧めしません。

 

矢印

リアップx5の副作用は痒みだけじゃない@ミノキシジルで起こる症状

 

 

最近は安全性の高い医薬部外品の育毛剤の中にも、実績を出している『濃密育毛剤ブブカ』のような良質な製品があります。ですから、副作用が怖いという方は、そのような製品の使用も検討してみてください。

 

 

トップページへ